【Hoochie mama】(ウチ ママ)は、
クリオ語で、「永遠のおしゃれママ」という意味があります。

◆クリオ語とは・・・
≪ジャマイカでも使われている「パトワ語」とほぼ同じで、
Sierra Leonの首都フリータウンで使われている言葉≫

子沢山で働き者、内面から溢れ出る強さと女性らしさを持つ、
アフリカンママからインスパイアされたブランドです。

ロゴのデザインは、フリータウンにある街のシンボル【コットンツリー】です。
その昔、Sierra Leonに辿り着き解放された人々が、この木の下で
休憩をとったとも言われる、とても古くいわば母の様な存在です。

【Hoochie mama】は色々な意味を持つ言葉です。
しかし私達は、強く、しっかりと地に根を張ったコットンツリーと同じだと認識しております。

そして、古き良きアフリカの素晴らしさを大切にし、
【今】をアレンジしながら、世界に向け発信していきたいと考えます。

また、この木とともに、強く成長していきたいという願い、
そして、今後の世界の発展を祈る意味が込められています。

日本と、Sierra Leon、遠く離れた国同士ですが、Hoochie mama は生地やビーズなどを通し、
両国が、もっと親密な
関係になる掛け橋になると確信しています。

現在は、中国等のアジア工場で作られるWAX生地が多数ありますが、
アフリカ独自の文化は、そのまま大切に続いて欲しいと思います。

そこで、Hoochie mamaは、日本人の技術の高さと、シエラレオネ人の斬新で
遊び心あるデザインを融合させ、シエラレオネに生地の工場を作ることを目標のひとつとしています。

工場を作ることよりも、その後の活動を維持することは、安易なことではありません。
しかし、私達は、必ず実現させます。
少しでも、子供達の未来の手助けになりたいと強く強く感じています。

Hoochie mamaをきっかけに、日本や、世界各国の方が、アフリカに関心を寄せ、
素晴らしい文化と精神を知っていただけたらと思います。

世界の人々全てが、平等に幸せでありますように。


Our goal is to harmonize the meeting of African and Japanese traditions and cultures through daily fashion. This fashion movement, it can be said, began with the Egyptian influence that is evident in many of the beads, fabrics, dragonfly gems, cloisonne wear, etc. that are loved and worn by many in Japan today.

The cultures and traditions of Africa and Japan are clearly separate. Yet they are common in that they have evolved in their own unique and individual ways. It is in this spirit that we hope to introduce the wonderful fashion cultures of Africa to Japan.

In many African nations, beads are an integral part of daily life and fashion. Women use them to decorate clothing and they are strung together in different ways to adorn various parts of their bodies in the forms of earrings, bracelets, necklaces and even belts. There are many kinds of beads.

Some have delicate hand-painted patterns. Some are crafted for special purposes, signifying power or respect. It is believed that, when made properly, certain beads can even have unique powers, granting wishes or special protection. Some are made just for tribal leaders, medicine men or religious purposes. Many people believe that beads and shells can provide energies for daily life.

Hoochi Mama is building a bridge between Africa and Southeast Asia by providing beads, African fabrics and more. Today, many wax-print textiles that are modeled after those made in Africa are manufactured in Japan and other Asian countries. We want Africa’s unique cultures to continue to thrive and be recognized.

Hoochi Mama aims to unite design skills being developed in Sierra Leone with Japan’s world-famous technology to build a fabric factory in Sierra Leone. As work increases locally, the infrastructure will be bolstered. We will start small and grow big, working so that everyone can be equally happy.